「覚えていない」86歳男性の車が店に突っ込む 可児市

Pocket

2019年8月26日午前、岐阜県可児市広見で86歳男性が運転する車が店舗の壁に突っ込みました。

「覚えていない」と話している

26日午前9時20分ごろ、岐阜県可児市広見広見の健康食品販売店で、駐車場に面した店舗の壁に軽乗用車が突っ込む事故がありました。

この事故で、軽乗用車を運転していたのは86歳の男性で顔に軽いケガを負いました。また、店は開店前だったため客はおらず、従業員にケガはありませんでした。

事故を起こした男性は、前向き駐車をしようと車止めを乗り越えて店の壁に突っ込んだ状態だったということですが、警察の取り調べに対し、男性は「覚えていない」などと話しているということです。

警察は、男性がアクセルとブレーキを踏み間違えた可能性があるとして調べを進めています。